TSUCHIHASHI Masahiro's
Jazz Live in OSAKA City

TSUCHIHASHI presents Piano Trio Live at "STORY"!
槌橋雅博が、大阪市のジャズクラブ「ストーリー」にてピアノ・トリオ・ライブを行います!



DAY & TIME

July 15th (Mon), 2019
  show time: 14:00〜 (2 stages)


2019年 7月15
日(月)祝
開演:午後2時00〜(2ステージ)



PLACE

ACOUSTIC LIVE BAR "STORY"
Masse Umeda #2 Bdg. B1F 6-2-14, Nishi-Tenma,
Kita-ku, Osaka city, Osaka prefecture, 530-0047 Japan
tel: 06-6232-8364

ライブバー「ストーリー」

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満6-2-14 マッセ梅田ビル2号館 地下1階
電話:06-6232-8364


MUSICIAN

Contrabass: Masahiro TSUCHIHASHI
コントラバス:槌橋雅博

with

Piano: Sanae HAYASHI
ピアノ:林早苗

Drums: Takahiro OHNO
ドラム:大野孝裕


CHARGE

2,500 Yen (1drink order required)
2500円 (1ドリンク別)

 

 

TSUCHIHASHI PROFILE

◆TSUCHIHASHI Mashiro
Began to play Blues guitar at age of 12, Tsuchihasi changed his musical insturment to contrabass at age of 20. Soon, he became to play jazz standards at clubs in Kyoto and Kobe, Japan.
In 1987, he moved to New York to study film making, and also he learned jazz ensemble skills from Lee Konitz. Tsuchihashi did many gigs and sessions with many musicians in New York.
After he came back to Japan in 1991, he did street perfoemances in front of Studio Allta (Sinjuku) and gigs at jazz clubs around Tokyo area.
In 1999, he created original sound track for his first directed movie; "TRUTHS: A STREAM" which won a special mention of Woldgang Staudte Prize in Berlin International Film Festival
In 2011, he released piano trio album " The First Meeting," and in the same year, he began to play piccolo basses whiches are heard in original jazz suite CD "The Kobus Passion."
In 2013, he attended Pat Metheny and Larry Grenadier's workshop in order to deepen his musical skills for the composition and improvisation of the jazz suite.
In 2015, he released acoustic duo CD, "Tune for Pat" with Armenian-Australian guitarist; Kris Tcheupdjian.

◆槌橋雅博  
映画監督/ジャズ・ベーシスト。12歳からブルース・ギタ―を始め、20歳でコントラバスに転向し、京都を中心にジャズ・クラブでライブ活動を行う。1987年から4年間ニューヨークへ留学し映画製作を学ぶ傍ら、リー・コニッツに師事。現地ミュージシャンと数々のセッションやライブを重ねる。帰国後、関東一円でのライブ活動、新宿アルタ前でのストリート・パフォーマンスを行う。
1999年、自身の初監督作品『Truths: A Stream』では、自らサウンド・トラックを創作し、同作はベルリン国際映画祭にてヴォルフガング・シュタウテ特別賞を受賞。
2011年、ピアノ・トリオのアルバム『The First Meeting』をリリース。同年よりピッコロ・ベースを始める。2013年に再度渡米し、パット・メセニー、ラリー・グレナディエールに師事。同年、ピッコロ・ベース、フェンダー・ベース、コントラバスを駆使した、オリジナル・ジャズ組曲のアルバム『The Kobus Passion』をリリース。
2015年には、アルメニア系オーストラリア人ギタリストのクリス・チュープジャンと、アコースティック・デュオCD「Tune for Pat」をリリース。

photo

ロイクでもグルーヴしねえやつァいるぜ!

 


(C) 2004-2019 ART OF WISDOM Co., Ltd, TSHUCHIHASHI Masahiro and DEGUDCI Takako
All Rights Reserved

Back / TRUTHS: A STREAM
Home